未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

高濃度プラセンタ

AGAとはどのような症状なのか

AGAとは男性型脱毛症の事で男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが乱れ、髪の毛が軟毛化し除々に脱毛が進行していく症状の事です。20歳以上の日本の男性が発生し、約30%が発症していると言われています。症状としては額の生え際や頭頂部の髪の毛が一方または双方から薄くなっていきます。原因としては遺伝が考えられますが、その他にもストレスや疲労、そして生活習慣が欧米化することによって男性型脱毛症が進行していると考えられています。また、近年女性も社会進出によってストレスを受ける事が多くなっているので女性男性型脱毛症を発症し症状に悩む女性も増加傾向にあります。男性型脱毛症の治療として一般的に行われているのが内服薬を服用し、ミノキシジルという外用薬を使う事が有効とされています。薬の使用で効果が得られない場合には自毛植毛を行う事が多くなっています。

高濃度プラセンタとは

近年AGAの治療として注目されているのが高濃度プラセンタです。プラセンタとは胎盤を原料とする特定生物由来製品でさまざまな薬効・薬理作用が認められています。この薬効。薬理作用の中には育毛にも効果があると期待されています。高濃度プラセンタとは通常の300倍もの濃度のプラセンタを使用しています。300倍という高濃度のプラセンタを使用することで高い効果と持続性が期待されています。プラセンタは男性だけでなく女性にも効き目のある発毛方法となります。プラセンタというのは胎盤の事で、胎盤は女性が妊娠すると子宮内に形成される円盤状の器官となります。胎盤の働きとしては母胎と胎児のあいだで酸素や栄養素、老廃物の交換を行う役割を担っています。妊娠中の胎児は見発達なので、胎盤は胎児にかわりは嫌胃腸、腎臓などの内臓機能やホルモン生産、免疫機能まで担う為「万能の臓器」とも呼ばれています。

高濃度プラセンタを使った発毛治療とは

プラセンタは古来中国より漢方薬として珍重されてきましたが、医療だけでなく美容にも効果があるため広い分野で使用されています。育毛にも高い効果があるため、育毛にも使用されていますが、そのメカニズムはいまだ十分に解明されてはいません。しかし、さまざまな活性作用が働き、組織細胞の新陳代謝を高めることで体の異常状態を正常化するものと考えられています。処方薬での育毛では肝臓の弱い人には使えなかったり、女性には効かない、男性機能の低下などの副作用がありました。しかし、高濃度プラセンタは医薬品として厚生労働省に認可されたヒトプラセンタを使用しているため慢性肝疾患や更年期障害などの治療にも用いられており、育毛の目的で使用しても肝臓の回復を促す、女性にも使用が可能、男性機能はむしろ回復する等副作用のない育毛を行う事が可能です。また、医療用のプラセンタは徹底した汚染防止対策をしているので安心して使用する事ができます。

高濃度プラセンタを使用した毛髪再生の特徴

高濃度プラセンタを使用した毛髪再生の特徴には高濃度のプラセンタをしっかりと根元まで浸透させるために専用ローラを使用します。また、最新の機器を使用して頭皮の毛細血管を再生し、血流、新派液流を促進して育毛剤の浸透を高めながら行うことで育毛剤の力をさらに発揮する事ができます。施術の流れとしては最新の機器を頭皮に当て、麻酔クリームを頭部に塗布し、30~40分程経ったらクリームを拭き取ります。専用ローラーを用いて高濃度プラセンタが配合された育毛剤を注射器から少しずつ薬剤を垂らしていきます。専用ローターには微細な針が付いており、この針で頭部に細かい傷を付けることで薬剤が吸収されます。人工的な細かな傷は薬剤を毛細血管から直接毛根に届ける事ができます。ローラーで頭部に細かい傷を付けるので麻酔クリームを使用して痛みを感じないようにします。