未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

ザガーロ

1日1カプセル!男性型脱毛症に悩む男性へ新たな救世主!

ザガーロは、男性型脱毛症治療薬として厚労省から製造販売承認を取得した医薬品である。治療の概要としては、成人男性を対象に1日1カプセルの服用を行う。しかし服用の間隔は24時間置きが望ましいとされているため、ある程度1日の中で服用のタイミングを決め習慣化させる必要がある。効果には個人差があるため、もしもすぐに変化が見られなくても最低約半年間は続けるのが良いとされている。処方に際しては保険証や身分証の提示が必要なく、医院への予約なども基本的には不要。あらかじめ問診票を用意しておくことでスムーズに処方を受けられるので、医院の受付やホームページから入手しておくといいだろう。根本的な概要としてはプロペシアによる治療と大差がないため、既にそちらの処方を受けていれば特別新たに意識しなくても構わない。女性や未成年への処方はできないため注意が必要である。

これまでの薬にはなかったザガーロの魅力とは?

ザガーロには、これまでにはなかった新しい効果が期待されている。それが、5α-還元酵素(リダクターゼ)Ⅱ型への阻害だ。男性型脱毛症の原因物質にはDHT(ジヒドテストステロン)というものがある。そしてこれの生成を促すものとして、5α-還元酵素があるわけだ。実はこの酵素にはⅠ型とⅡ型が存在するのだが、これまで主流とされていたプロペシアではⅠ型への阻害しか確認がされていなかった。しかしザガーロはⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができるため、より大きな期待が持てると言われている。今まで何を服用しても効果が見られなかった男性には、新たな希望の光となるだろう。ただし患者によっては、プロペシアの方がザガーロよりも適している場合がある。医院の方では実際に自分に合う薬を検査することができるので、処方をお願いする前に受けておくのも得策である。

やはりあった!注意すべき副作用とは?

ザガーロの服用を続けていくと勃起不全や性欲減退、精液ボリュームの減少といった副作用が表れることが確認されている。つまりは男性機能の低下だ。男性型脱毛症は早ければ20代から発症する例もあり、将来的に結婚や子どもを持つことを考えると見過ごすことはできないだろう。他にも女性化乳房や乳頭痛、乳房痛や乳房不快感などの乳房障害が出るケースもある。報告例は少ないが、肝機能障害が表れることも確認されている。もちろん全く副作用が出ないという服用者もいるために、治療の効果同様個人差があるとみていいだろう。プロペシアに比べザガーロは作用が強いため、副作用も強めに出る傾向がある。中でもやはり男性機能の低下や乳房障害は決して楽観視できるものではないため、服用にはそれなりのリスクも伴うと認識しておいた方が賢明だ。これから服用を考える男性には是非念頭に置いておいてもらいたい要素である。

覚えておいて損はなし!最先端の新薬!

現代病とも言われる男性型脱毛症はここ数年の間に一気に認知度が広まったが、症状に悩む男性はもう何年も前からいたことだろう。効果があるとされる薬は何種類か存在するが、やはり個人差などもあり無駄に終わってしまう人も少なくはない。しかしザガーロは、その期待される作用を考慮しても今までとは一線を画すほどの新薬と言っても過言ではないだろう。副作用への懸念もあれば、保険適用外なため費用もかさむことは確かだ。デメリットが全くないわけではない。それでも前立腺肥大症治療薬として既に102ヶ国以上で実績があり、安全性や信頼に関しては申し分ないと言える。そして数多くの臨床試験が世界中で行われ、結果が出ていることも期待を大きくさせる要因だ。だからこそ今まさに悩んでいる人にとってもこれから悩む可能性がある人にとっても、ザガーロの存在を覚えておくことに価値はあると感じるのである。